M&H Reliance

Repair Flow

コミュニケーションを大切に

計画的に定期修繕する大規模修繕工事は
居住者様が生活をされてる環境の中で工事を行います。
生活動線を考慮した安全策などに配慮し円滑な工事を進めるために
居住者様とコミュニケーションを図ります。
ここでは工事説明会から竣工後のアフターメンテナンスまでの流れをご紹介します。

工事説明会

近隣住民・居住者様へ安心・安全・快適な暮らしをしていただくために施工範囲や安全対策の注意点についてご説明し、居住者様からの質問などを伺い、ご理解いただける内容でご返答いたします。

仮設工事

工事に必要不可欠な現場事務所・作業員休憩所、資材倉庫、仮説トイレ、廃材コンテナを設置し工事に伴う汚損防止養生を行うなど、工事を始める準備を行います。

足場設置

建物外周に枠組み足場などを設定し、作業中の塗料や埃の飛散を防止するためメッシュシートを設置します。安全誘導員を適材適所に配置し、来訪者や近隣の環境も考慮した安全対策・周知も万全に行います。

外壁打診調査

足場の組み立て後は、外壁塗装の劣化・タイルの破損状況を調査します。 その後、打診調査を行いその結果に基づき、最適な補修工法を決定いたします。

下地補修工事

躯体全体のひび割れ・鉄筋爆裂・欠損部・浮きなどを補修します。 下地補修は最も重要で、施工精度で塗装工事やその他の工事に影響を及ぼします。精度の高い技術で対応し、建物をより長持ちさせるために欠かせない重要な工事となります。

シーリング工事

シーリング工事は、劣化した古いシーリングを撤去し新しいものに打替え、建物の水密性・気密性・耐震性の向上を目的とし、美観などにも大きな役割をもつ工事となります。

高圧洗浄

高圧洗浄工事は、塗装工事に影響する重要な役割の工事です。 高圧洗浄を丁寧に行うことで、外壁表面に付着した汚れや藻、脆弱塗膜を除去し塗料の密着性の向上を図ります。

塗装工事

塗装工事は美観を回復させるだけでなく、コンクリートの耐久性向上の目的にも行います。規定の塗膜圧を確保し、ムラなく均一に塗装するように徹底管理をしております。 弊社では、外壁の色彩変更をイメージパースなどでご提案させて頂き、建物のさらなる資産価値の向上を行います。

防水工事

建物の漏水を極力防ぐために、防水層の劣化や不具合などの状況を確認し、入念に下地処理を行います。 あと漏水を防ぐだけでなく、断熱性能・遮熱性能のある材料もあり、適した仕様をご提案致します。 共用廊下などは、デザイン重視されることが多く、配色や模様の豊富な塩化ビニルシートを多く採用されています。

完了検査・お引き渡し

社内検査を実施したうえで手直しを行ったあと、現場事務等の共通仮設物を解体・撤去し、修繕委員会様や理事会様の立会いのもと完了検査を行い、竣工図書を引き渡して工事完了となります。

アフターメンテナンス

引き渡し後は定期点検を実施し、不具合がないかなどの調査や居住者様へコミュニケーションを図り、今後の快適な環境・新たな資産価値を高めるためにサポートを行います。

M&Hリライアンスでは大規模修繕工事後のアフターケアが非常に大切だと考えております。 保証期間の定期点検などで不具合が発生した場合は必要に応じて補修のご提案を迅速に対応いたします。 今後も柔軟な対応で建物の価値を支えるパートナーとして選ばれるようサポートしてまいります。
© M&H Reliance. All Rights Reserved